2018年12月22日土曜日

鎌倉組仏教壮年会理事会 第4回

  • 2018年 12月16日(日)15時〜16時 長生寺 寿楽会館2F
  • 黒川さん(長生寺)、下田さん(上正寺)、高橋さん(光明寺)、安藤さん(東福寺)、松井さん(来恩寺)、田中さん(西恩寺)、等さん、廣瀬
  • 東京教区仏教壮年会連盟 第3回理事会報告
  1.  2018年11月30日 築地本願寺 第一伝道会館 伽藍
  2. 第39回教区仏教壮年会連盟結成記念日研修会(2019年2月17日〜18日)、12月中旬に案内書の発行
  3. 次年度行事(総会・大会:2019年5月11日築地本願寺 第二伝道会館 蓮華殿、2019年度理事研修会:2019年9月4~6日 沖縄)
  4. 教区仏教壮年会40周年大会 2020年2月2日築地本願寺
  5. 中央研修会 2019年2月16~17日 西本願寺
  • 第19回組内寺院対抗ボウリング大会と新年会について
  1.  2019年1月27日(日)14時〜 スポルト八景ボウル 16時〜新年会 長生寺
  2. 案内状のレビューを実施 ⇒ 確定
  3. ルールの説明(男女混合H/C30点、前回優勝H/C50点。70歳以上H/C10点など)
  4.  スポルト八景ボウルとの事前打合せを11月23日AM実施、1月24日までに参加者名簿をFAXでボーリング場に送る、個人総合、個人男子、個人女子、ジュニア、寺院別順位を出力する、マイシューズ分は差し引く、13時に長生寺にマイクロバスを出発、駐車場はユニオンセンターのタイムズ、来恩寺のマイクロバスはボウリング場の敷地内に置く(黒川、廣瀬)
  5. 料理は、松坂(福地さん)とする。寿司は栄区のすしごよみ(045-892-8909) 、予算は25万円、15人を6卓で90人を想定、16時30分スタート(16時までに準備)
  6. 役割分担
  • 受付:安東さん、田中さん
  • ボーリング場との連絡:下田さん、廣瀬
  • バスの出発管理:等さん
  • 司会:田中さん、成績発表:廣瀬
  • 理事長挨拶 黒川さん
  • 組長挨拶 橋本さん
  • 乾杯 金剛寺 武田さん
  • 食前の言葉 金剛寺 等さん
  • 寺院別優勝チーム 組長杯授与 橋本さん(くじ引きの抽選)
  • 個人男子1~3位 表彰 黒川さん
  • 女子男子1~3位 表彰 黒川さん
  • 参加賞別自己紹介 全員 
  • 中締め 長生寺 六浦さん
  • 食後の言葉:ジュニアの優勝者
  • その他
参加賞の順番を決めるくじ引きの準備を忘れないように

2018年12月21日金曜日

鎌倉組 第13期 連続研修会 第2回 光明寺

鎌倉組連続研修会に参加した感想を掲載いたします。(長生寺檀家 壮年会 廣瀬)

  • 2018年12月1日(光明寺・上郷)13時〜16時
  • 研修生 17名
  • 開会式(開式の言葉、正信偈、浄土真宗の生活信条、会所住職挨拶、真宗宗歌)
  • 問題提起(浄土真宗とは(他力本願について)光明寺:北條祐英さん)
  • DVD60分(お釈迦様の生涯) 
  • 全体協議会 まとめ 北條祐英さん
  • 閉会式(感話、恩徳讃、閉会の言葉)
  • 次回 2月2日(土)13時〜16時 戸塚:善了寺 往生浄土について
 【感想】
世界の宗教から始まり、お釈迦様の生涯、他力本願と広範囲で盛りだくさんの内容であった。キリスト教徒は天国に行く、仏教徒は極楽浄土に行くという大きな違いがある。日本には、八百万の神を信じるアニミズムがあり、多くの神を受け入れる素養がある。

お釈迦様は、世の中の矛盾を感じて二十九歳で修行に出て、6年間難行苦行を行い餓死寸前になり少女に食べ物をもらい九死に一生を得る。三十五歳で悟りを開く。その後は、悟った教えを広める生涯であった。仏教の教えは、インドからチベット、ブータン、中国を経て日本に伝わった。

仏教は、日本でも様々な宗派に分かれているのは、応病予薬という考え方による。医者が病気によって投薬を変えるように、仏教の教えも相手によって変幻自在に変えるものである。相手に応じて説法の内容も変わる。お釈迦様とその仏教集団は、頭を使った施策と体を使った実践で教えを広めた。

他力本願は、誤解されている。人に頼って何も努力しないということではない。本願他力が正しい。萬事を尽くして天命を待つ、という考え方に近い。まな板の上の鯉はジタバタしない。お釈迦様の本願を待つのみ。大無量寿経で説かれる 四十八の誓願に書かれている。

一休さんと蓮如上人の逸話の紹介。一休さんが「極楽は 十万億土と説くならば 足腰立たぬ 婆は行けまじ」と句をつくって蓮如さんに詠んだところ、これを受けた蓮如さんが「極楽は 十万億土と説くなれど 近道すれば 南無のひと声」と返したというお話。


2018年12月1日土曜日

金沢区仏教会寺務研究会 研修会「寺院境内地の防犯安全について」

金沢区仏教会寺務研究会 研修会「寺院境内地の防犯安全について」
■日時 2018年11月29日 13時30分~15時30分
■場所 聚楽会館
■講師 セコム(株) 金沢営業所 新里浩仁様(所長)

安全のプロの立場から、寺院における防犯、防災についてのお話をしていただきました。師走になり盗難の多い季節ですので皆さんも注意してください。

■ 全体的な注意事項
・5分かけて鍵を破れないと諦める
・盗難被害は鍵の閉め忘れが大半
・見つかりやすい家は狙わない
・簡易金庫に貴重品を入れるのは危ない
・特定の場所を狙った外国人の窃盗集団の存在
・今後、外国人就労者が増えると増加が予測される

1)基礎知識
①必ず下見する
 ・侵入経路、逃走経路の確認
 ・近隣からの見通しが悪いか
 ・通行人が少ないか
②留守の確認をする
 ・インターホン
 ・人の気配
 ・留守電になっているか
 ・カーテン
 ・郵便物が溜まっているか
 ・洗濯物が干したままか
③泥棒らしくない服装
 ・スーツ
 ・作業着
 ・普段着
 ・ジャージ
④狙われやすい家
 ・見通しが悪い
 ・周りに人気がない
 ・家が奥まっている
 ・周囲に騒音がある
 ・家の周りが乱雑になっている
 ・侵入の足場がある(ハシゴ)
⑤手口
 ・鍵の掛け忘れ
 ・ガラス破り
 ・道具を使って鍵を開けるピッキングは減少の傾向
 ・ドリルで穴を開けて解錠するサムターン回しが主流

2)対策
①一般
 ・見通しを良くする
 ・周囲を明るくする
 ・歩くと音が出る砂を敷く
 ・洗濯物を干したまま外出をしない
 ・合せガラスを使う
 ・補助鍵をつける
 ・サムターン回し防御をつける
 ・面格子をつける
 ・シャッターをつける
②抑止
 ・塀や門の設置
 ・ダミーカメラ、監視カメラ
 ・センサーライト、外周センサー

ホームセキュリティロボット
https://www.secom.co.jp/homesecurity/goods/xperia-hello.html